自分を癒そう:おすすめの香り(ディフーザー・クリーム)

僕の特技の1つにマッサージがあります。元々興味があったわけでなく、バックパッカー→現地で何か学ぼう という単純な流れです。タイのワットポー寺院でタイ式マッサージを学び、そこで仲間ができてからどっぷりとマッサージの沼にはハマり始めました。学びという点で、普段使う脳みそ部分が違うんですよ。一度回り始めた好奇心の歯車はなかなか止められません。インドネシアでバリニーズも学んでしまいました。

さて、癒しを提供するうえで、合わせ技として「香り」という嗅覚へのアプローチも有効です。「うん、これはいい」「おっ、これもいい」とくんくん匂いを嗅いでいる内に自分も恥ずかしながら自分が香り好きになってしまいました。

そこで「自分も癒す」という観点から、おすすめの「香り」を紹介します。

スティックディフューザーパンピューリの「ボタニー アンビアンス ディフューザーセット サイアミーズウォーター」です。これは日本でも買えるのかな。僕はタイのデパートで調達しています。僕の一匂惚れです。ジャスミンとイランイランとミントがベースになっています。匂いに品とコクがあるんです。僕はリビングルームに置いています。香り1つで、無機質なリビングをアジアンなリラクゼーションサロンに変えます。

パンピューリ

クリームTAHHNの「ジャスミンボディミルクRC」です。これもタイのデパートで調達しています。強過ぎず、弱過ぎず、香りのバランスが絶妙なんです。お風呂上がりに塗ると、ほのかに香るジャスミンが身も心も包み込んでくれてぐっすり眠れます。1日の始まりに塗ると、1日中ごきげんに過ごせます。

TAHHN