富山が誇る「白」と「黒」を食す

《富山県富山市》

まさに富山湾の宝石。

白えび刺身丼定食。

 

手むきの白えび+富山産コシヒカリ。最強のコラボ。さらにお水は富山湾の海洋深層水。

僕は普段あまりお水を飲まないのですが、生まれて初めてお水が美味しいと感じました。

余計なものが混在していない本当に純な水。水分子の酸素原子と水素原子自体を舌で味わった感触。

その後に白えびを口に入れたのですが、その多彩な味は僕の脳みその全域をビビビと刺激しました。

結局醤油はつけなかった。

白えびだけでも十分美味しいはずなのに、細部にこそこだわる日本らしさ。

《白えび亭》

住所:富山県富山市明倫町1-220 JR富山駅1Fきときと市場「とやマルシェ」内

 

夜は富山ブラックラーメン。

最近まで富山ブラックの存在を知りませんでした。戦後間もない頃の労働者をターゲットとして、疲れが取れるよう濃い味にしたんですね。

ビジュアルがインパクトあり、食欲をそそります。

醤油ベースの濃い味&たっぷりと効いた胡椒。これは旅の疲れが取れるわ。

「食べた」という満足感相当あります。

《麺家 いろは CiC店》

住所:富山県富山市新富町1-2-3 CiCビル B1F

アクセス:JR富山駅南口正面。地下道(南北自由通路)でビルと接続。

いやいや、うちのローカルのほうがもっと良いのあるよという方、情報お待ちしています。全国に広めていきましょう。

http://gaetan.jp/

関連記事

  1. 最高級わさびに触れる

  2. 銭湯とゲストハウスでローカル交流

  3. 泣く子も黙る某出版者の美人記者おすすめの温泉